Skip to main content

バイオテクノロジーとデリバティブ

solutions_business_units_new_businesses_biotech_biobased_chemicals_1160x451_banner

革新的技術の持続性のある発展 – クラリアントのグループバイオテクノロジーセンター

クラリアントのグループバイオテクノロジーセンターは、工業バイオテクノロジーを中心に展開しています。再生可能資源の持続可能な利用に基づく、進歩と革新を焦点にしています。

化石資源がますます減少し、その価格は上昇しています。世界中の政治家は、環境や気候保護の面から高い目標を設定しました。しかし、現在、全工業製品の95%は、石油の利用可能性に依存しています。これは何を意味するのでしょうか? 再生可能資源に基づく持続性のあるソリューションを開発することによってのみ、石油依存を減らして環境と人類に対する責任を担うことができます。

クラリアントのグループバイオテクノロジーは、人と環境にとってより良い生活の質を作り出すために、天然資源の効率的かつ控えめな使用を目標に設定しています。当社は、サステナビリティを、生態学的、経済的、社会的に、すべてを包括するものとして見ています。

Group_Biotechnolohy_strategy

当社の科学者は、バイオテクノロジーの専門知識と、化学業界における長年の経験を活かしています。当社の4つのテクノロジープラットフォームである、触媒、プロセステクノロジー、化学&素材、バイオテクノロジーを基に、持続性のある資源のために、顧客の1ストップ・システム・ソリューションを提供することができます。 

Group_Biotechnolohy_strategy

革新的技術の持続性のある発展 – クラリアントのグループバイオテクノロジーセンター

クラリアントのグループバイオテクノロジーセンターは、工業バイオテクノロジーを中心に展開しています。再生可能資源の持続可能な利用に基づく、進歩と革新を焦点にしています。

化石資源がますます減少し、その価格は上昇しています。世界中の政治家は、環境や気候保護の面から高い目標を設定しました。しかし、現在、全工業製品の95%は、石油の利用可能性に依存しています。これは何を意味するのでしょうか? 再生可能資源に基づく持続性のあるソリューションを開発することによってのみ、石油依存を減らして環境と人類に対する責任を担うことができます。

クラリアントのグループバイオテクノロジーは、人と環境にとってより良い生活の質を作り出すために、天然資源の効率的かつ控えめな使用を目標に設定しています。当社は、サステナビリティを、生態学的、経済的、社会的に、すべてを包括するものとして見ています。

Group_Biotechnolohy_strategy

当社の科学者は、バイオテクノロジーの専門知識と、化学業界における長年の経験を活かしています。当社の4つのテクノロジープラットフォームである、触媒、プロセステクノロジー、化学&素材、バイオテクノロジーを基に、持続性のある資源のために、顧客の1ストップ・システム・ソリューションを提供することができます。 

  • Sunliquid®

    農業残渣を効率的にセルロースエタノールに変換 - 未来を考え、Sunliquid®を考える

    追加情報

当社の技術および製品

当社は、生体触媒とバイオリファイニングのソリューションを提供します。

当社の革新の中心は、エネルギーや資源効率の良い開発と、バイオ化学物質や燃料の生産にあります。

バイオリファイナリーは、多種多様な製品を製造するためにバイオマスの加工を行います。バイオリファイナリーの概念は、バイオマスの持続性や高価値の使用を推進しています。最適化された生体触媒を使用して、再生可能な原料は、選択的かつ高収率な変換を経て燃料や基礎化学品などの製品になります。

当社は、生物工学的プロセスに基づく高度な生体触媒を開発しています。これらの酵素は、必要なプロセスや反応条件に対し高度に最適化されています。インハウス・高スループット・スクリーニング装置を用いて、新しいアプリケーションの要件に沿って迅速に歪みを最適化するうえ、適切な生物を迅速かつ効率的に選択することができます。最初のアップスケーリングは、ミュンヘンにある当社の研究センターのパイロットプラントで行われます。

当社は、商業的に競争力のあるこのようなシステム・ソリューションの開発において、戦略的に大きな関心を持っています。生体触媒バイオマスと化学およびプロセステクノロジーのコアコンピタンスを組み合わせることで、高品質の製品および副産物を製造するための、革新的で収益性の高いプロセスを生み出しました。

近年、当社はたとえば、農業残渣のような再生可能リグノセルロース原料からセルロースエタノールを生成するために、sunliquid®プロセスを開発しました。この革新的で効率的なプロセスは、食品か飼料資源かという競合がなく、低いCO2排出レベル(化石燃料と比較して約5~10%)でセルロースエタノールを製造することを可能にします。当社のsunliquid® プロセスの詳細をご覧ください。

ニュース

2022年6月14日
Clariant produces first commercial sunliquid® cellulosic ethanol at new plant in Podari, Romania
2022年6月14日

Clariant today announced that it has produced the first commercial cellulosic ethanol at its sunliquid® production plant in Podari, Romania. The entire offtake is contracted with a multi-year agreement to Shell, a leading global energy company. 

追加情報
2022年3月24日
Clariant joins the Renewable Carbon Initiative
2022年3月24日

Clariant today announced that it has joined the Renewable Carbon Initiative (RCI). The aim of the RCI is to support and accelerate the transition from the use of fossil carbon to the use of renewable carbon in the chemical industry. Switching to renewable carbon sources prevents additional fossil carbon entering the atmosphere and thus addresses a core problem of climate change.

追加情報
2021年10月15日
Clariant completes construction of first commercial sunliquid® cellulosic ethanol plant in Podari, Romania
2021年10月15日

Clariant today announced the official completion of its sunliquid® cellulosic ethanol plant in Podari, Romania. The completed construction is an important next step for the commercial deployment of sunliquid® technology and thus supports Clariant’s sunliquid® licensing business strategy. The facility will be operational in the fourth quarter, producing cellulosic ethanol from agricultural residues. 

追加情報

イベント

6月
27
-
28
2022
Munich Germany
International Sustainable Economy Forum 2022
2022年6月27日 - 2022年6月28日
The current transition of our economy from fossil-based to sustainable resources and mild conversion processes is a global challenge and, in order to succeed, requires our joint collaboration. In 2022, the ​“International Sustainable Economy Forum” – short ISEF – will be brought to life with the aim to create an unprecedented platform that enables the crucial exchange to jointly address this transition.   追加情報