DV_Quinacridone_Slideshow_Headerimage

価値を発見。
再生可能原料ベースのキナクリドンを発見。

ピンクがグリーンになる。

再生
x

未来を築く:

どのようにして建築家は
持続可能な世界を設計するのか

サステナビリティ(持続可能性)とは、自分たちの住む世界のために環境を保護することを意味します。そしてそれは、未来に関わる何かを開発することも意味します。Sebastian Eilertや彼のチームのような建築家たちは、持続可能なソリューションを用いて私たちの世界を形作ります。彼をはじめとするクリエイティブな人々は、機能性と責任について考えるとき、製品の着色に何を求めるのでしょうか?

再生可能原料を
使用して

再生可能原料を
使用せずに

再生可能か再生可能でないか、

その違いを
判定できますか?

再生可能原料で作られた顔料

石油化学原料で作られた顔料

よりグリーンな(環境に優しい)製造、信頼できる機能性

1つの塗料を用いて1つの色で塗装した壁。しかし、塗料は2つの異なる原料ベースで製造されます。1つは石油化学原料から、もう1つは再生可能原料から作られます。どちらも同じようにすばらしい塗料です。なぜなら、同一の仕様が適用されているからです。

 

私たちは今、どこにいるのか?

私たちの価値連鎖から始めましょう

DV_Quinacridone_acid

1. バイオコハク酸の製造

価値連鎖の始まりは炭水化物から。炭水化物は原料であり、それをベースに バイオコハク酸を製造します。私たちは、バイオコハク酸の生産者であるMyriant社を訪問し、»グリーン化の課題解決のカギについてたずねます。«

DV_Quinacridone_powder

2. 顔料の加工

バイオコハク酸は無色です。どのようにして、例えばピンク色の顔料の粉末になるのでしょうか? クラリアントでは、製造工場内部の見学会を開催し、バイオコハク酸が「グリーン(環境に優しい)」なピンク顔料になる工程を紹介しています。

DV_Quinacridone_paint

3. 顔料のアプリケーション

アプリケーションの一例として、フランクフルトにおけるブラジルのストリートアートの展示に着目してみましょう。これは、クラリアントの再生可能原料由来キナクリドン顔料の顧客であるDAW社のCaparol塗料を用いて製作されました。

どう実現するのか?

当社の最も貴重な原料であるバイオコハク酸のメーカー、MYRIANTを訪れます

 
再生可能原料をベースにしたバイオコハク酸の開発では、どのような課題に直面しましたか?
いくつか課題に直面しました。第一に、新技術を推進するために、昔から保守的な塗料業界をどのように説得するかという課題がありました。特に、既設の製造ラインを大きく変更する必要があるという点が問題でした。第二に、「グリーン」製品(環境に優しい製品)につきもののマイナスイメージを克服しなければなりませんでした。たとえば、天然原料の使用による性能不足、石油化学製品に比べて不十分な経済的実行可能性、食料品のフードチェーンとの直接競合といった点です。運よく、クラリアントは、グリーン製品が提案する全体的な価値命題に着目した最初の企業のひとつとなりました。その価値命題とは、グリーンプレミアムがない、非食料品ベースである、高機能である、カーボンフットプリントが低いということです。

»当社独自のイノベーションのひとつに、二酸化炭素を回収して原料として使用し、大気中に放出された温室ガスの量を減少させるというプロセスがあります。«

原料に関して、食料品のフードチェーンとの競合はないとおっしゃいましたが、どのような原料を使用しているのですか?
当社では、炭水化物から抽出した天然の再生可能糖分を使用しています。再生可能糖分としては、コーンやソルガム、その他にも、容易に入手できて大量に存在する農作物が挙げられます。さらに、通常は廃棄される農作物の残渣から抽出した廃セルロース原料も供給源となります。これら天然の原料としては、トウモロコシの皮や葉、幹のほか、砂糖キビの搾りかすに含まれる繊維状物なども含まれます。

再生可能原料でバイオコハク酸を作るメリットは何ですか?
競合する原料と比べ、当社のコハク酸にはいくつかの利点があります。バイオコハク酸は、石油原料由来コハク酸と同一の物性を持っているため、性能の低下が見られません。バイオコハク酸では含有不純物がより少ない場合もあり、そのため、より付加価値の高い誘導体が得られます。また、砂糖や炭水化物は、原油と比べて価格変動が小さいため、原料価格が安定します。バイオコハク酸の使用で、石油由来製品と比べ、カーボンフットプリントを最大90%まで減らすことができます。さらに、Myriant独自のイノベーションのひとつに、二酸化炭素を回収して原料として使用するというプロセスがあります。このプロセスにより、大気中に放出された温室ガスの量が減少します。

バイオコハク酸をはじめとするバイオ原料には、どのような可能性があると思いますか? 需要は増えているのですか?
当社では、今後10年だけで、現在生産されている化学品の10%は天然物原料に置き換えられると予想しています。しかし、それは氷山の一角でしかありません。現在生産中の全化学品の90%以上はバイオ原料で置き換えることが可能であり、それは、業界がさらに多くの再生可能原料を検討する余地があることを意味します。環境にストレスを与えることなく機能性を維持できるソリューションを探し出すことも重要です。なぜなら、同じ条件であれば、消費者は石油化学製品より環境に優しい「グリーン」製品を好むということを知っているからです。

顔料以外で、どのような製品にバイオコハク酸が使われていますか?
バイオコハク酸は、業界では基盤化学品と呼ばれています。« これは、バイオコハク酸が、塗料に使用されるウレタン、可塑剤、接着剤、医療機器といったダウンストリーム製品に使用されていることを意味します。しかし、バイオコハク酸は他の製品の主要成分としても使われており、例としては、バスソルト、金属メッキ用薬品、塗料用溶媒、医薬品や農作物、化粧品の成分をはじめとする様々な製品が挙げられます。多用性があり、石油化学原料と置き換えることができるため、バイオコハク酸には何十億円もの潜在価値があります。そのため、バイオコハク酸の可能性が巨大であるというのは、過大評価ではありません。

DV_Quinacridone_David_Leblanc
David LeBlanc
Myriant社のグローバル販売およびマーケティング部門統括
  • Bio-succinic acid

    The story behind it

    • Bio-succinic acid is a bio-based acid fermented from natural renewable sugars extracted from carbohydrates
    • It was first derived from amber in 1546. It's Latin name is »succinum«
    • Bio-succinic acid occurs in all living creatures and is—like other simple mono and dicarboxylic acids—completely safe to use
  • Bio-succinic acid

    The applications

    • Bio-succinic acid is what the industry refers to as a »platform chemical«
    • The food industry uses bio-succinic acid as an additive and flavor enhancer
    • The pharmaceutical industries rely on bio-succinic acid as an excipient in products to control acidity
    • Bio-succinic acid is also used in bath salts, metal plating chemicals, paint solvents, agricultural products, cosmetic ingredients

ファイルをダウンロード

お客様のご連絡先の詳細を入力してください。情報が送信されると、ファイルのダウンロードを開始します。 この操作が必要になるのは、本サイトで行う最初のファイルのダウンロード時のみです。 ご理解いただきありがとうございます。

個人情報

お名前 *

 

Eメールアドレス *

職位

会社名

再生可能原料をベースにしたバイオコハク酸の開発では、どのような課題に直面しましたか?
いくつか課題に直面しました。 第一に、新技術を推進するために、昔から保守的な塗料業界をどのように説得するかという課題がありました。 特に、既設の製造ラインを大きく変更する必要があるという点が問題でした。 第二に、「グリーン」製品(環境に優しい製品)につきもののマイナスイメージを克服しなければなりませんでした。たとえば、天然原料の使用による性能不足、石油化学製品に比べて不十分な経済的実行可能性、食料品のフードチェーンとの直接競合といった点です。 運よく、クラリアントは、グリーン製品が提案する全体的な価値命題に着目した最初の企業のひとつとなりました。 その価値命題とは、グリーンプレミアムがない、非食料品ベースである、高機能である、カーボンフットプリントが低いということです。

»当社独自のイノベーションのひとつに、二酸化炭素を回収して原料として使用し、大気中に放出された温室ガスの量を減少させるというプロセスがあります。«

原料に関して、食料品のフードチェーンとの競合はないとおっしゃいましたが、 どのような原料を使用しているのですか?
当社では、炭水化物から抽出した天然の再生可能糖分を使用しています。 再生可能糖分としては、コーンやソルガム、その他にも、容易に入手できて大量に存在する農作物が挙げられます。 さらに、通常は廃棄される農作物の残渣から抽出した廃セルロース原料も供給源となります。 これら天然の原料としては、トウモロコシの皮や葉、幹のほか、砂糖キビの搾りかすに含まれる繊維状物なども含まれます。

再生可能原料でバイオコハク酸を作るメリットは何ですか?
競合する原料と比べ、当社のコハク酸にはいくつかの利点があります。 バイオコハク酸は、石油原料由来コハク酸と同一の物性を持っているため、性能の低下が見られません。 バイオコハク酸では含有不純物がより少ない場合もあり、そのため、より付加価値の高い誘導体が得られます。 また、砂糖や炭水化物は、原油と比べて価格変動が小さいため、原料価格が安定します。 バイオコハク酸の使用で、石油由来製品と比べ、カーボンフットプリントを最大90%まで減らすことができます。 さらに、Myriant独自のイノベーションのひとつに、二酸化炭素を回収して原料として使用するというプロセスがあります。このプロセスにより、大気中に放出された温室ガスの量が減少します。

バイオコハク酸をはじめとするバイオ原料には、どのような可能性があると思いますか? 需要は増えているのですか?
当社では、今後10年だけで、現在生産されている化学品の10%は天然物原料に置き換えられると予想しています。 しかし、それは氷山の一角でしかありません。現在生産中の全化学品の90%以上はバイオ原料で置き換えることが可能であり、それは、業界がさらに多くの再生可能原料を検討する余地があることを意味します。 環境にストレスを与えることなく機能性を維持できるソリューションを探し出すことも重要です。なぜなら、同じ条件であれば、消費者は石油化学製品より環境に優しい「グリーン」製品を好むということを知っているからです。

DV_Quinacridone_David_Leblanc
David LeBlanc
Myriant社のグローバル販売およびマーケティング部門統括

顔料以外で、どのような製品にバイオコハク酸が使われていますか?
バイオコハク酸は、業界では基盤化学品と呼ばれています。« これは、バイオコハク酸が、塗料に使用されるウレタン、可塑剤、接着剤、医療機器といったダウンストリーム製品に使用されていることを意味します。しかし、バイオコハク酸は他の製品の主要成分としても使われており、例としては、バスソルト、金属メッキ用薬品、塗料用溶媒、医薬品や農作物、化粧品の成分をはじめとする様々な製品が挙げられます。多用性があり、石油化学原料と置き換えることができるため、バイオコハク酸には何十億円もの潜在価値があります。そのため、バイオコハク酸の可能性が巨大であるというのは、過大評価ではありません。

  • バイオコハク酸

    背景事情

    • Bio-succinic acid is a bio-based acid fermented from natural renewable sugars extracted from carbohydrates
    • It was first derived from amber in 1546. Its Latin name is »succinum«
    • Bio-succinic acid occurs in all living creatures and is—like other simple mono and dicarboxylic acids—completely safe to use
  • バイオコハク酸

    アプリケーション

    • Bio-succinic acid is what the industry refers to as a »platform chemical«
    • The food industry uses bio-succinic acid as an additive and flavor enhancer
    • The pharmaceutical industries rely on bio-succinic acid as an excipient in products to control acidity
    • Bio-succinic acid is also used in bath salts, metal plating chemicals, paint solvents, agricultural products, cosmetic ingredients

ファイルをダウンロード

お客様のご連絡先の詳細を入力してください。情報が送信されると、ファイルのダウンロードを開始します。 この操作が必要になるのは、本サイトで行う最初のファイルのダウンロード時のみです。 ご理解いただきありがとうございます。

個人情報

お名前 *

 

Eメールアドレス *

職位

会社名

再生可能原料をベースにしたバイオコハク酸の開発では、どのような課題に直面しましたか?
いくつか課題に直面しました。第一に、新技術を推進するために、昔から保守的な塗料業界をどのように説得するかという課題がありました。特に、既設の製造ラインを大きく変更する必要があるという点が問題でした。第二に、「グリーン」製品(環境に優しい製品)につきもののマイナスイメージを克服しなければなりませんでした。たとえば、天然原料の使用による性能不足、石油化学製品に比べて不十分な経済的実行可能性、食料品のフードチェーンとの直接競合といった点です。運よく、クラリアントは、グリーン製品が提案する全体的な価値命題に着目した最初の企業のひとつとなりました。その価値命題とは、グリーンプレミアムがない、非食料品ベースである、高機能である、カーボンフットプリントが低いということです。

»当社独自のイノベーションのひとつに、二酸化炭素を回収して原料として使用し、大気中に放出された温室ガスの量を減少させるというプロセスがあります。«

原料に関して、食料品のフードチェーンとの競合はないとおっしゃいましたが、どのような原料を使用しているのですか?
当社では、炭水化物から抽出した天然の再生可能糖分を使用しています。再生可能糖分としては、コーンやソルガム、その他にも、容易に入手できて大量に存在する農作物が挙げられます。さらに、通常は廃棄される農作物の残渣から抽出した廃セルロース原料も供給源となります。これら天然の原料としては、トウモロコシの皮や葉、幹のほか、砂糖キビの搾りかすに含まれる繊維状物なども含まれます。

再生可能原料でバイオコハク酸を作るメリットは何ですか?
競合する原料と比べ、当社のコハク酸にはいくつかの利点があります。バイオコハク酸は、石油原料由来コハク酸と同一の物性を持っているため、性能の低下が見られません。バイオコハク酸では含有不純物がより少ない場合もあり、そのため、より付加価値の高い誘導体が得られます。また、砂糖や炭水化物は、原油と比べて価格変動が小さいため、原料価格が安定します。バイオコハク酸の使用で、石油由来製品と比べ、カーボンフットプリントを最大90%まで減らすことができます。さらに、Myriant独自のイノベーションのひとつに、二酸化炭素を回収して原料として使用するというプロセスがあります。このプロセスにより、大気中に放出された温室ガスの量が減少します。

バイオコハク酸をはじめとするバイオ原料には、どのような可能性があると思いますか? 需要は増えているのですか?
当社では、今後10年だけで、現在生産されている化学品の10%は天然物原料に置き換えられると予想しています。しかし、それは氷山の一角でしかありません。現在生産中の全化学品の90%以上はバイオ原料で置き換えることが可能であり、それは、業界がさらに多くの再生可能原料を検討する余地があることを意味します。環境にストレスを与えることなく機能性を維持できるソリューションを探し出すことも重要です。なぜなら、同じ条件であれば、消費者は石油化学製品より環境に優しい「グリーン」製品を好むということを知っているからです。

DV_Quinacridone_David_Leblanc
David LeBlanc
Myriant社のグローバル販売およびマーケティング部門統括

顔料以外で、どのような製品にバイオコハク酸が使われていますか?
バイオコハク酸は、業界では基盤化学品と呼ばれています。« これは、バイオコハク酸が、塗料に使用されるウレタン、可塑剤、接着剤、医療機器といったダウンストリーム製品に使用されていることを意味します。しかし、バイオコハク酸は他の製品の主要成分としても使われており、例としては、バスソルト、金属メッキ用薬品、塗料用溶媒、医薬品や農作物、化粧品の成分をはじめとする様々な製品が挙げられます。多用性があり、石油化学原料と置き換えることができるため、バイオコハク酸には何十億円もの潜在価値があります。そのため、バイオコハク酸の可能性が巨大であるというのは、過大評価ではありません。

  • Bio-succinic acid

    The story behind it

    • Bio-succinic acid is a bio-based acid fermented from natural renewable sugars extracted from carbohydrates
    • It was first derived from amber in 1546. Its Latin name is »succinum«
    • Bio-succinic acid occurs in all living creatures and is—like other simple mono and dicarboxylic acids—completely safe to use
  • Bio-succinic acid

    The applications

    • Bio-succinic acid is what the industry refers to as a »platform chemical«
    • The food industry uses bio-succinic acid as an additive and flavor enhancer
    • The pharmaceutical industries rely on bio-succinic acid as an excipient in products to control acidity
    • Bio-succinic acid is also used in bath salts, metal plating chemicals, paint solvents, agricultural products, cosmetic ingredients

ファイルをダウンロード

お客様のご連絡先の詳細を入力してください。情報が送信されると、ファイルのダウンロードを開始します。 この操作が必要になるのは、本サイトで行う最初のファイルのダウンロード時のみです。 ご理解いただきありがとうございます。

個人情報

お名前 *

 

Eメールアドレス *

職位

会社名

Hostaperm® Pink Eを鋭く観察:

最も価値あるクラリアントのキナクリドン顔料

無着色の結晶から明るいピンク色顔料が詰まった袋まで、クラリアントのキナクリドン顔料合成の過程では、製造工場で数々の原料が明るく色鮮やかな顔料へと変身します。

ピンク、赤、赤紫:

キナクリドンの
色のスペクトル

DV_Quinacridone_PR122

PR 122とは、Pigment Red 122顔料を指します。PR 122は非常に多用性に富む顔料で、バイオレットレッド顔料の中でも、特に強力な紫色の色調を与え、優れた色の濃さと高い分散性を示します。

DV_Quinacridone_PV19_Gamma

PV 19とは、Pigment Violet 19顔料を指します。ガンマ相の変性により、PV 19は明るく強烈な赤、暗紫色、濃い茶色、エビ茶色、その他の暖色系の色味が可能となります。

DV_Quinacridone_PV19_beta

PV 19とは、Pigment Violet 19顔料を指します。ベータ(再結晶)化後のPV 19顔料は、やや濃いダークバイオレットレッド・カラーの発色に優れ、色味はブルーへシフトします。

Dr. Thomas Metz

話をしましょう

DV_Quinacridone_ThomasMetz
Dr. Thomas Metz
グローバル・テクニカルマーケティング統括、コーティング事業

なぜ再生可能原料ベースの顔料なのでしょうか?
多くの塗料メーカーは、環境保護に対して責任を感じており、より持続可能でありたいと願っています。 そのため、多くの塗料メーカーにとっては戦略の一部であり、市場における重要な差別化のファクターでもあります。 塗料メーカーは、最先端の顔料を使用した「クリーンな」製品を売りたいと考えています。 当社では、環境に優しい塗料の生産に必要となる、革新的な顔料を提供することにより、多くの塗料メーカーを支援しています。

葉緑素から緑色を、酸化鉄から赤色を、というように、天然素材から直接、有機顔料を得ることは可能ですか?
現在使用されている天然資源に由来する染料や顔料もあります。 しかし、これらの製品は、今日の建築業界、工業、自動車産業が要求する、厳しい機能性基準を満たすことができません。そのため、様々なアプリケーションに使用する明るい有彩色には適しません。 そこで、高い耐久性への期待に応え、経時的に変化しない色調の保持のために、顔料を最適化することが必要となります。 そのために、正確な粒径と結晶構造を決定できる、完全にコントロールできる製造プロセスが不可欠です。 そうは言っても、有機顔料クラスの化学的構造の中には、天然産物の構造と密接に関連しているものもあります。 当社は、再生可能原料を用いて顔料を合成し、目的の用途に合わせて化学構造を最適化します。 当社は、天然資源ベースの高機能性顔料へと完全に回帰します。

また、再生可能原料の使用において、キナクリドン顔料に着目するのはなぜでしょうか?
クラリアントはキナクリドン分野の専門知識を持っています。たとえば、当社の顔料であるHostaperm® Pink Eは、市場の代表的な製品です。 当社は、最も得意とする分野で勝負します。 当社がまずキナクリドンに着目した理由は、色を作り出すには、いわゆる芳香族構造が必要だからです。 しかし、自然界で芳香族構造を持つ化合物に遭遇する機会はめったにありません。 キナクリドン顔料の合成においては、芳香族分子の大部分は、生化学的プロセスによるアクセスが可能な非芳香族成分が出発原料となって合成されます。 合成のビルディングブロックとして「バイオコハク酸」という非芳香族成分を使用できること、それがプロジェクトを始めた理由でした。

»当社は今、天然資源ベースの高機能性顔料へと完全に回帰しようとしています。«

天然物由来の顔料と天然物由来の塗料の未来は?
天然成分ベースの塗料の重要性はますます高まっています。 たとえば、バイオベースのキナクリドン顔料の工程で、当社が使用している再生可能原料は、すでにポリウレタン樹脂とポリエステル樹脂に使われています。 100%天然成分から作られる塗料を手に入れることは困難であると思われますが、そうした製品が経済性の観点から市場で受け入れられていることも確かです。 しかし、石油化学原料の置き換えは、ますます実現へと近づいています。 こうした傾向は塗料産業において顕著であり、クラリアントのHostaperm® Pink Eのようなバイオベースの顔料を用いた着色に支えられています。

なぜ再生可能原料ベースの顔料なのでしょうか?
多くの塗料メーカーは、環境保護に対して責任を感じており、より持続可能でありたいと願っています。 そのため、多くの塗料メーカーにとっては戦略の一部であり、市場における重要な差別化のファクターでもあります。 塗料メーカーは、最先端の顔料を使用した「クリーンな」製品を売りたいと考えています。 当社では、環境に優しい塗料の生産に必要となる、革新的な顔料を提供することにより、多くの塗料メーカーを支援しています。

葉緑素から緑色を、酸化鉄から赤色を、というように、天然素材から直接、有機顔料を得ることは可能ですか?
現在使用されている天然資源に由来する染料や顔料もあります。 しかし、これらの製品は、今日の建築業界、工業、自動車産業が要求する、厳しい機能性基準を満たすことができません。そのため、様々なアプリケーションに使用する明るい有彩色には適しません。 そこで、高い耐久性への期待に応え、経時的に変化しない色調の保持のために、顔料を最適化することが必要となります。 そのために、正確な粒径と結晶構造を決定できる、完全にコントロールできる製造プロセスが不可欠です。 そうは言っても、有機顔料クラスの化学的構造の中には、天然産物の構造と密接に関連しているものもあります。 当社は、再生可能原料を用いて顔料を合成し、目的の用途に合わせて化学構造を最適化します。 当社は、天然資源ベースの高機能性顔料へと完全に回帰します。

»当社は今、天然資源ベースの高機能性顔料へと完全に回帰しようとしています。«

また、再生可能原料の使用において、キナクリドン顔料に着目するのはなぜでしょうか?
クラリアントはキナクリドン分野の専門知識を持っています。たとえば、当社の顔料であるHostaperm® Pink Eは、市場の代表的な製品です。 当社は、最も得意とする分野で勝負します。 当社がまずキナクリドンに着目した理由は、色を作り出すには、いわゆる芳香族構造が必要だからです。 しかし、自然界で芳香族構造を持つ化合物に遭遇する機会はめったにありません。 キナクリドン顔料の合成においては、芳香族分子の大部分は、生化学的プロセスによるアクセスが可能な非芳香族成分が出発原料となって合成されます。 合成のビルディングブロックとして「バイオコハク酸」という非芳香族成分を使用できること、それがプロジェクトを始めた理由でした。

天然物由来の顔料と天然物由来の塗料の未来は?
天然成分ベースの塗料の重要性はますます高まっています。 たとえば、バイオベースのキナクリドン顔料の工程で、当社が使用している再生可能原料は、すでにポリウレタン樹脂とポリエステル樹脂に使われています。 100%天然成分から作られる塗料を手に入れることは困難であると思われますが、そうした製品が経済性の観点から市場で受け入れられていることも確かです。 しかし、石油化学原料の置き換えは、ますます実現へと近づいています。 こうした傾向は塗料産業において顕著であり、クラリアントのHostaperm® Pink Eのようなバイオベースの顔料を用いた着色に支えられています。

DV_Quinacridone_ThomasMetz
Dr. Thomas Metz
グローバル・テクニカルマーケティング統括、コーティング事業
DV_Quinacridone_ThomasMetz
Dr. Thomas Metz
グローバル・テクニカルマーケティング統括、コーティング事業

なぜ再生可能原料ベースの顔料なのでしょうか?
多くの塗料メーカーは、環境保護に対して責任を感じており、より持続可能でありたいと願っています。 そのため、多くの塗料メーカーにとっては戦略の一部であり、市場における重要な差別化のファクターでもあります。 塗料メーカーは、最先端の顔料を使用した「クリーンな」製品を売りたいと考えています。 当社では、環境に優しい塗料の生産に必要となる、革新的な顔料を提供することにより、多くの塗料メーカーを支援しています。

葉緑素から緑色を、酸化鉄から赤色を、というように、天然素材から直接、有機顔料を得ることは可能ですか?
現在使用されている天然資源に由来する染料や顔料もあります。 しかし、これらの製品は、今日の建築業界、工業、自動車産業が要求する、厳しい機能性基準を満たすことができません。そのため、様々なアプリケーションに使用する明るい有彩色には適しません。 そこで、高い耐久性への期待に応え、経時的に変化しない色調の保持のために、顔料を最適化することが必要となります。 そのために、正確な粒径と結晶構造を決定できる、完全にコントロールできる製造プロセスが不可欠です。 そうは言っても、有機顔料クラスの化学的構造の中には、天然産物の構造と密接に関連しているものもあります。 当社は、再生可能原料を用いて顔料を合成し、目的の用途に合わせて化学構造を最適化します。 当社は、天然資源ベースの高機能性顔料へと完全に回帰します。

また、再生可能原料の使用において、キナクリドン顔料に着目するのはなぜでしょうか?
クラリアントはキナクリドン分野の専門知識を持っています。たとえば、当社の顔料であるHostaperm® Pink Eは、市場の代表的な製品です。 当社は、最も得意とする分野で勝負します。 当社がまずキナクリドンに着目した理由は、色を作り出すには、いわゆる芳香族構造が必要だからです。 しかし、自然界で芳香族構造を持つ化合物に遭遇する機会はめったにありません。 キナクリドン顔料の合成においては、芳香族分子の大部分は、生化学的プロセスによるアクセスが可能な非芳香族成分が出発原料となって合成されます。 合成のビルディングブロックとして「バイオコハク酸」という非芳香族成分を使用できること、それがプロジェクトを始めた理由でした。

»当社は今、天然資源ベースの高機能性顔料へと完全に回帰しようとしています。«

天然物由来の顔料と天然物由来の塗料の未来は?
天然成分ベースの塗料の重要性はますます高まっています。 たとえば、バイオベースのキナクリドン顔料の工程で、当社が使用している再生可能原料は、すでにポリウレタン樹脂とポリエステル樹脂に使われています。 100%天然成分から作られる塗料を手に入れることは困難であると思われますが、そうした製品が経済性の観点から市場で受け入れられていることも確かです。 しかし、石油化学原料の置き換えは、ますます実現へと近づいています。 こうした傾向は塗料産業において顕著であり、クラリアントのHostaperm® Pink Eのようなバイオベースの顔料を用いた着色に支えられています。

光を放つ

色の
科学に

壁の色がある特定の色に見えるのはなぜでしょうか?

そのカギは、顔料の結晶構造に隠されています。しかしそれは、肉眼では見えず、顕微鏡でさえも判別できません。 X線分析法によってのみ、キナクリドン分子の結晶構造を観察できます。 分子構造をある時点で調節することで、色を変えることができます。

パーフェクトピンク

この塗料は、微細なジメチルキナクリドン結晶を含みます。 1マイクロメートルよりも小さい結晶です。 それぞれの結晶は、数百万個のジメチルキナクリドン分子の集合体です。 結晶内では、ジメチルキナクリドンは両隣で2つの分子とつながり、鎖構造を形成します。 このような構造下では、分子は緑から黄色までの光を吸収します。 結果として、明るく、美しいピンクの色合いになります。

ラジアントレッド(輝く赤)

この塗料は、数百万個のキナクリドン分子の集合体である、微小なキナクリドン結晶を含有します。 Violet 19顔料の分子配列に関しては、いくつかの可能性があります。 配列の1つは「ガンマ相」と呼ばれます。ここでは、各Violet 19顔料分子は4つの隣接分子とつながり、結果として十字形パターンを描きます。 このような構造下では、Violet 19顔料の分子は緑の光を吸収します。 私たちが見るのは補色であり、 この場合は赤です。

リアリーレッドバイオレット(赤紫色)

別の配列として考えられるのは、結晶内のViolet 19顔料分子配列です。 この結晶構造は「ベータ相」と呼ばれます。ここでは、各分子に隣接する分子は2つだけで、両隣とつながり鎖構造を形成します。 このような構造下では、Violet 19顔料分子は緑がかった黄色の光を吸収します。 私たちが見るのは補色であり、 この場合は赤味がかった紫色です。

顔料を

最も美しい形で

色彩は新しい世界を創造する。 2013年のフランクフルト・ブックフェアでは、ブラジルが注目を集めました。第一に共催国として、第二に、「Street-Art Brazil」と題したフランクフルトのシルン美術館による野外美術展の中心として。Caparol社のユニバーサル塗料を300リットル用いて、様々な色調を用いて、Pais Bonito(美しい国)のXLストリートアートを生き生きとよみがえらせました。

DAW社のブランドであるCaparolは、クラリアントと提携して独自の内装・外装用塗料を開発することにより、鮮明で環境に優しい顔料の使用にコミットしていくことを強く述べています。 美術展へ塗料を寄付することで、Caparolは、この街にはより多くの色彩が必要であると強調しています。それと同時に、連帯、文化的交流、寛容、姿勢、喜びも表現しています。

DV_Quinacridone_beautiful2

著作権: © Gais, Schirn Kunsthalle Frankfurt 2013、イメージ: Norbert Miguletz
DV_Quinacridone_beautiful3

著作権: © Speto, Schirn Kunsthalle Frankfurt 2013、イメージ: Norbert Miguletz
色彩は新しい世界を創造する。 2013年のフランクフルト・ブックフェアでは、ブラジルが注目を集めました。第一に共催国として、第二に、「Street-Art Brazil」と題したフランクフルトのシルン美術館による野外美術展の中心として。Caparol社のユニバーサル塗料を300リットル用いて、様々な色調を用いて、Pais Bonito(美しい国)のXLストリートアートを生き生きとよみがえらせました。

DAW社のブランドであるCaparolは、クラリアントと提携して独自の内装・外装用塗料を開発することにより、鮮明で環境に優しい顔料の使用にコミットしていくことを強く述べています。 美術展へ塗料を寄付することで、Caparolは、この街にはより多くの色彩が必要であると強調しています。それと同時に、連帯、文化的交流、寛容、姿勢、喜びも表現しています。

DV_Quinacridone_beautiful2

著作権: © Gais, Schirn Kunsthalle Frankfurt 2013、イメージ: Norbert Miguletz
DV_Quinacridone_beautiful3

著作権: © Speto, Schirn Kunsthalle Frankfurt 2013、イメージ: Norbert Miguletz
色彩は新しい世界を創造する。 2013年のフランクフルト・ブックフェアでは、ブラジルが注目を集めました。第一に共催国として、第二に、「Street-Art Brazil」と題したフランクフルトのシルン美術館による野外美術展の中心として。Caparol社のユニバーサル塗料を300リットル用いて、様々な色調を用いて、Pais Bonito(美しい国)のXLストリートアートを生き生きとよみがえらせました。

DAW社のブランドであるCaparolは、クラリアントと提携して独自の内装・外装用塗料を開発することにより、鮮明で環境に優しい顔料の使用にコミットしていくことを強く述べています。 美術展へ塗料を寄付することで、Caparolは、この街にはより多くの色彩が必要であると強調しています。それと同時に、連帯、文化的交流、寛容、姿勢、喜びも表現しています。

DV_Quinacridone_beautiful2

著作権: © Gais, Schirn Kunsthalle Frankfurt 2013、イメージ: Norbert Miguletz
DV_Quinacridone_beautiful3

著作権: © Speto, Schirn Kunsthalle Frankfurt 2013、イメージ: Norbert Miguletz
DV_Quinacridone_JuergenStegmann

Jürgen Stegmann
シニアテクニカルマーケティング
マネージャー 建築用塗料

»最適化した顔料を開発するには、システムを使いこなすために多くの経験が必要です。«

DV_Quinacridone_JuergenStegmann

Jürgen Stegmann
シニアテクニカルマーケティング
マネージャー 建築用塗料

»最適化した顔料を開発するには、システムを使いこなすために多くの経験が必要です。«

»最適化した顔料を開発するには、システムを使いこなすために多くの経験が必要です。«

DV_Quinacridone_JuergenStegmann

Jürgen Stegmann
シニアテクニカルマーケティング
マネージャー 建築用塗料

Red 122顔料とViolet 19顔料は、EcoTain®基準を満たします

サステナビリティへの当社のアプローチ

ECOTAIN®は、クラリアント社が定めた厳しいサスティナビリティ基準をクリアした最高レベルの製品、ソリューションにのみ与える商標です。 ECOTAIN®の提供により、クラリアント社は、サスティナブルな未来社会の実現、およびお客様の求める価値の創造に貢献します。
DV_Quinacridone_ecotain

Red 122顔料とViolet 19顔料は、EcoTain®基準を満たします

サステナビリティへの当社のアプローチ

ECOTAIN®は、クラリアント社が定めた厳しいサスティナビリティ基準をクリアした最高レベルの製品、ソリューションにのみ与える商標です。 ECOTAIN®の提供により、クラリアント社は、サスティナブルな未来社会の実現、およびお客様の求める価値の創造に貢献します。
DV_Quinacridone_ecotain

メリット

なぜ、見直しが役立つのでしょうか?

DV_Quinacridone_Icon_1_Hand

汚染物質の減少

キナクリドン顔料は再生可能原料ベースであり、エコロジカル・フットプリントの改善に寄与しています。 したがって、キナクリドン顔料は、社会の環境に対する意識向上に貢献しています。

DV_Quinacridone_Icon_2_Diamond

キラキラと輝く色

再生可能原料ベースのキナクリドン顔料は、石油化学原料由来顔料と同等の機能性を有し、環境に優しいきらびやかな色を演出します。

DV_Quinacridone_Icon_3_Tag

サステナビリティ戦略

再生可能原料ベースのキナクリドン顔料は、石油化学原料消費量を減らし、カーボンフットプリントを低減することにより、ダウンストリームの価値連鎖全体でサステナビリティを強化します。

DV_Quinacridone_Stefan_Ohren
Dr. Stefan Ohren,
製品管理部門統括
高機能性多環式顔料

»再生可能原料ベースのキナクリドン顔料は、当社のサステナビリティへのコミットメントであり、将来世代に対するコミットメントでもあります。«

DV_Quinacridone_Stefan_Ohren
Dr. Stefan Ohren,
製品管理部門統括
高機能性多環式顔料

»再生可能原料ベースのキナクリドン顔料は、当社のサステナビリティへのコミットメントであり、将来世代に対するコミットメントでもあります。«

DV_Quinacridone_Stefan_Ohren
Dr. Stefan Ohren,
製品管理部門統括
高機能性多環式顔料

»再生可能原料ベースのキナクリドン顔料は、当社のサステナビリティへのコミットメントであり、将来世代に対するコミットメントでもあります。«

色を付ける

正しい場所に

アプリケーション
製品
特性
  • Hostaperm® Pink E
  • Hostaperm® Pink E-WD
  • Hostaperm® Pink EB Transp
  • Hostaperm® Pink E-EDS VP 3476
  • Hostaperm® Pink E-EDW VP3907
  • Hostaperm® Pink E 02-EDW VP4034
  • Hostaperm® Red E3B
  • Hostaperm® Red E5B 02
  • Hostaperm® Red E2B 70
  • Hostaperm® Red Violet ER 02
  • Hostaperm® Pink E Transp 01

Hostaperm® Pink Eはブルーシェードのキナクリドン顔料であり、この顔料グループの特徴である優れた堅牢度特性を有します。 Hostaperm® Pink Eはペーストインキ、溶媒系および水系包装用のグラビアインキとフレキソ印刷インキに推奨されます。
データシート

この顔料はHostaperm® Pink Eの特別バージョンであり、水系の調合および調色(tinting)システム用に開発されました。 この顔料は高い着色力にくわえ、ピュアな黄色がかったシェードも注目されています。 さらに、この顔料は、非常に優れた耐光性と耐候性、また非常に高い分散安定性を付与します。
データシート

Hostaperm® Pink EB TranspはRed 122顔料のバージョンで、透明性が高く、ピュアで青味がかった色が特徴です。 非常に高い着色力があり、Hostaperm® Pink Eと比べると明らかに青い色をしています。ほとんどの塗料バインダーの中で、非常に良好な凝集安定性、良好な流動性と光沢を有します。
データシート

この顔料は非常に幅広い濃度範囲を有し、高い着色力と、卓越した耐光性および耐候性を示します。 不透明オレンジ有機顔料またはモリブデンオレンジ顔料と組み合わせて非常にピュアな赤色に、またパープルシェードのメタリック塗料でシェーディング顔料として使用されます。
データシート

この顔料は、水性顔料分散用に設計された易分散顔料であり、装飾用塗料に使用します。 この顔料は、効果が高く幅広い相溶性を示す添加剤で表面が改質されています。 攪拌機と適切な分散剤を用いることで、最適着色力が比較的短時間で得られます。 その結果、費用対効果に優れた顔料製造が実現します。
データシート

この易分散顔料は、水性顔料分散用に設計された顔料であり、装飾用塗料に使用します。 この顔料は、効果が高く幅広い相溶性を示す添加剤で表面が改質されています。 攪拌機と適切な分散剤を用いることで、最適着色力が比較的短時間で得られます。 その結果、費用対効果に優れた顔料製造が実現します。
データシート

Hostaperm® Red E3Bは非常に不透明な黄色のシェードカラー・キナクリドン顔料であり、この顔料グループで最高の堅牢度特性を有しています。 これはHostaperm® Red E5B 02と比べると明らかに不透明であり、わずかに黄色が強くなっています。 優れた堅牢度を持ち、幅広い濃度範囲での使用が可能です。 不透明オレンジ有機および無機顔料と組み合わせて使用した場合、輝く黄色がかった赤を発色します。
データシート

Hostaperm® Red E5B 02は透明度の高いブルーシェードカラー・キナクリドン顔料であり、この顔料グループの特徴である優れた堅牢度特性を有します。 ペーストインキの他、溶媒系および水系包装用のグラビアインキとフレキソ印刷インキに推奨されます。
データシート

Hostaperm® Red E2B 70は、非常に不透明な黄色がかった明るいシェードカラーのキナクリドンです。 Hostaperm® Redと比較すると、被覆力がより高くなっており、より良好なレオロジー特性、易分散性、明らかに改善された凝集安定性、黄色がかったシェードカラーを有します。 凝集安定性が良好なため、高い顔料濃度であっても、曇りのない高光沢が得られます。
データシート

Hostaperm® Red Violet ER 02はキナクリドン顔料であり、この顔料グループの特徴である優れた堅牢度特性を有します。 ペーストインキのほか、溶媒系および水系包装用のグラビアインキとフレキソ印刷インキに推奨されます。
データシート

Hostaperm® Pink E Transp 01は、Red 122顔料の透明でよりピュアなバージョンです。 Hostaperm® Pink Eに比べると、より高い着色力を有し、いくらか青っぽい色をしています。ほとんどの塗料バインダーの中で、非常に良好な凝集安定性、良好なレオロジー特性、光沢を有しています。
データシート

  • PV Fast® Pink E
  • PV Fast® Pink E 01
  • PV Fast® Pink E 01 pc
  • PV Fast® Pink E-LHC
  • PV Fast® Pink E2B
  • PV Fast® Red E3B
  • PV Fast® Red E5B

PV Fast® Pink Eは、青味がかった赤色顔料で、堅牢度特性に優れ、卓越した分散性を備えています。 PV Fast® Pink Eは、高品質が要求される用途や大部分のプラスチック着色に適しています。 PV Fast® Pink Eは、繊維、フィルム、薄壁用に推奨されます。
データシート

PV Fast® Pink E 01は、青味がかった赤色顔料で、堅牢度特性に優れています。そのため、高品質が要求される用途や大部分のプラスチック着色に適しています。
データシート

PV Fast® Pink E 01 pcは、青味がかった赤色顔料で、堅牢度特性に優れています。そのため、高品質が要求される用途や大部分のプラスチック着色に適しています。 この製品はプレスケーキの形態で入手できます。
データシート

PV Fast® Pink Eは、青味がかった赤色顔料で、堅牢度特性に優れ、卓越した分散性を備えています。 PV Fast® Pink Eは、高品質が要求される用途や大部分のプラスチック着色に適しています。 PV Fast® Pink Eは、繊維、フィルム、薄壁用に推奨されます。 PV Fast Pink E-LHCは、電器産業におけるハロゲン規制適合を補助します。
データシート

PV Fast® Pink E2Bは、当社の代表的なRed 122顔料よりわずかに青く、同じように優れた堅牢度特性を示します。したがって、高品質が要求される用途や大部分のプラスチック着色に適しています。
データシート

PV Fast® Red E3Bは、Violet 19顔料の青味がかったレッドシェード・カラーのバージョンです。 耐熱性がすばらしく、耐光性と耐候性にも優れているため、最も要求の厳しい用途に適します。
データシート

PV Fast® Red E5Bは、Violet 19顔料の高透明度バージョンで、ピュアな青味がかったレッドシェード・カラーを持ちます。 耐熱性がすばらしく、耐光性と耐候性にも優れています。
データシート

  • Hostaperm® Pink E 02
  • Hostaperm® Pink E 02 pc
  • Hostaperm® Pink E pc

Hostaperm® Pink E 02は、透明で非常に強力なブルーシェード・カラーのキナクリドン顔料であり、この顔料グループの特徴である優れた堅牢度特性を有します。 Hostaperm® Pink E 02は、ペーストインキ、溶媒系および水系包装用グラビア、およびフレキソ印刷インキ用として完璧な顔料です。
データシート

Hostaperm Pink E 02 pc は、非常に強力で透明なブルーシェード・カラーのキナクリドン顔料で、この顔料グループの特徴である優れた堅牢度特性を有します。 ペーストインキのほか、溶媒系および水系包装用のグラビアインキとフレキソ印刷インキに推奨されます。 この製品はプレスケーキの形態で入手できます。
データシート

Hostaperm® Pink E pcはブルーシェード・カラーのキナクリドン顔料であり、この顔料グループの特徴である優れた堅牢度特性を有します。 Hostaperm® Pink Eはペーストインキ、溶媒系および水系包装用のグラビアインキとフレキソ印刷インキに推奨されます。
データシート

DV_Quinacridone_Contact_Pgiment

もっと詳しく知りたいですか?

ご連絡ください

ご連絡お待ちしております。 再生可能原料ベースのキナクリドン顔料に関する詳細やご質問については、電話でお問い合わせいただくか、顔料ビジネスユニットの専門家までご連絡ください。

Dr. Thomas Metz

Dr. Thomas Metz

Head of Clariant Industry Coating Team

+49 69 305 7029

お名前

 

Eメールアドレス

職位

会社名

お電話番号

Message

その他のストーリーを発見。
明日へのアイディアが広がる私たちの世界へ: 価値を発見
顔料
DV_Quinacridone_teaser
当社の高品質を探索し、発見しましょう。 顔料で。
ホーム。 ホームページに戻る。
当社の会社情報およびソリューション、採用情報、インベスターリレーションズについての情報は、当社ホームページをご覧ください。 詳細はこちら

クラリアントへのリクエスト

お客様のリクエストを処理するため、ご連絡先情報をご入力ください。 関心をお寄せいただきありがとうございました。

お名前

 

Eメールアドレス

職位

会社名

お電話番号

Message

Disclaimer:
This information corresponds to the present state of our knowledge and is intended as a general description of our products and their possible applications. Clariant makes no warranties, express or implied, as to the information’s accuracy, adequacy, sufficiency or freedom from defect and assumes no liability in connection with any use of this information. Any user of this product is responsible for determining the suitability of Clariant’s products for its particular application.<br />
<br />
* Nothing included in this information waives any of Clariant’s General Terms and Conditions of Sale, which control unless it agrees otherwise in writing. Any existing intellectual/industrial property rights must be observed. Due to possible changes in our products and applicable national and international regulations and laws, the status of our products could change. Material Safety Data Sheets providing safety precautions, that should be observed when handling or storing Clariant products, are available upon request and are provided in compliance with applicable law. You should obtain and review the applicable Material Safety Data Sheet information before handling any of these products. For additional information, please contact Clariant.<br />
<br />
* For sales to customers located within the United States and Canada the following applies in addition: No express or implied warranty is made of the merchantability, suitability, fitness for a particular purpose or otherwise of any product or service.<br />
<br />
© Trademark of Clariant registered in many countries.<br />
® 2013 Clariant International Ltd 

間もなくClariant.comから移動します

お客様が有効化したリンクにより、約10秒後にClariant.comサイトの外に移動します。 この操作を中止したい場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックしてください。