Klementina Pejic
Klementina Pejic
Group Human Resources

クラリアントへのリクエスト

We Treat Each Other with Respect

At Clariant, we firmly believe that trust, integrity, appreciation, and respect make our company and all its employees stronger. We want to create a motivating and fulfilling working environment for all of our employees as this will lead to strong and sustainable results. Respect is part of everything we do and all our interactions.

Treatment of People 
We create an engaging and fulfilling working environment for all our employees enhancing innovation and sustainable results to support our growth. We treat each other with respect and ensure fair working conditions.

Harassment
We do not tolerate harassment of any kind. We will take all measures to prevent harassing conduct.

Equality and Non-Discrimination
We commit to a discrimination-free working environment and equal opportunities.

  • 社員に対する責任

    当社が責任について話すとき、真っ先に、当社の社員に対する責任について言及します。当社は、5大陸で60カ国を超える国々で数千人の社員を雇用しています。人権に関する当社のグループポリシー声明(Group Policy Statement)およびグローバル雇用基準は、クラリアントが、国連グローバルコンパクトの一員であることを補完するためのものです。これは、全地域の従業員と請負業者のための共通の原則と価値観であり、これに従って、全世界の作業環境を保護するためのさらなる活動の基盤を築き、公正かつ平等な待遇を含む、適正な労働条件を当社の従業員のために確保します。この文書は、人材採用と育成、報酬、雇用契約、従業員の関与、従業員の苦情など、人事部門の慣行に関連する、明確で測定可能な責任と義務を規定するものです。そのため、クラリアントの社会的責任の一部であると考えられます。

    ファイルをダウンロード

    お客様の連絡先情報を入力してください。情報の送信に続いてファイルのダウンロードを開始します。この操作が必要になるのは、本サイトで行う最初のファイルのダウンロード時のみです。ご理解いただきありがとうございます。

    個人情報

  • 生きたアプリシエーション(価値を知ること)がクラリアントのバリューの中心

    クラリアントの文化は、パフォーマンス、人、地球といったブランド価値と、»アプリシエーション(価値を知ること)«を中心に置きます。 これら3つの価値観が組み合わされ、当社の経営および日常業務を導く鍵となる指針を形成しています。 なぜなら、利益性のある成長、人間優先、環境目標のバランスが図れてこそ、環境、経済的かつ社会的なパフォーマンスが保証されるからです。

    当社の顧客、従業員、そして株主のニーズは、当社の取り組みすべての中核を成しています。 従って、当社は、顧客のためには革新的かつ競争力のある解決、従業員のためには企業価値の厳守、株主のためには平均以上の収益率を保証できるよう最善を尽くしています。 環境に対する責任とコーポレートサステナビリティは、クラリアントにとってさらに焦点をあてる領域です。 当社のステークホルダーのための標準以上の価値創造は他社と一線を画し、スペシャリティケミカルズ会社の世界的リーダーになるという当社の目標を軌道に乗せています。

    当社では、社員が自分の強みを示し、アイデアを実行し、日々価値のある成功に貢献できる、国際的な職場環境を作り上げました。 そしてこの環境を維持し、促進していきたいので、我々にとって従業員の専門性の開発は極めて重要です。 そもそも、才能を最大限に活用し、成長する機会があってこそ、大事を成し遂げることができるのです。 意欲的な目標に向かって我々と働きましょう!

    公平さの文化は、当社のグローバルな社員関係のすべての面を拡大しています。 クラリアントは国連グローバル・コンパクト(UN Global Compact)に参加しており、その枠組みに定められた“「保護、尊重、改善」”の指針に全面的にコミットしています。 10原則には、他とは別に、結社や団体交渉の自由に関する規則にを完全に尊重することが含まれています。

    当社は現地の最低賃金法を尊重、あるいはそれを上回ります。 そして、それぞれの地域における競合状況に応じて、初任給は、多くの場合、最低賃金レベルを越えています。 その結果、当社ではより優秀な候補者を惹きつけ、忠実な労働力を維持することができるのです。 また、当社では派遣社員やパートタイム社員の処遇に関連する、すべての現地規則を堅持しています。 当社の約50%の社員は団体交渉協定の対象とされており、経営上の変更が生じたときには社員代表やスタッフメンバーと密接に協力します。 言うまでもなく、クラリアントはどのような形の児童労働も拒否し、労働が許可される法定最低年齢要件に関する現地の労働法を厳格に遵守します。 ここでは、ILO条約第138号および第182号は、最低限の基準として明確に承認されています。 クラリアントの全従業員に関する詳細は、当社のサステナビリティレポートに見ることができます。
  • 人材を個別に管理する

    クラリアントでは、社員が潜在的な能力を発揮しキャリアでの成功を得るために必要とされる機会を提供するよう努めています。当社では、社員のモチベーションを向上させ、トレーニングを提供することは、会社の成功のために不可欠であると信じます。したがって、当社では平等な待遇および平等な権利の原則に基づき、広範囲の専門家と他分野にわたるトレーニングを提供し、社会に認められた資格に向けた取り組みができるようにします。クラリアントアカデミーは、その点で重要な役割を果たしています。 

    当社では、クラリアントのサステナブルな成功の促進に特化したプログラムの範囲から成るピープル・パフォーマンス・サイクル(People Performance Cycle)に特に重点を置いています。ピープル・パフォーマンス・サイクルの主な目標のひとつは、当社の社員が直面する課題にチャレンジするための方向性や技能、リソース、視野を持つことを、長期にわたって確実にすることです。社員の開発、後継者の育成およびタレントマネジメントは、プログラムの構成の一部です。 

    年に一度、国、リージョン、グローバルのレベルで行われる、タレントマネジメントプロセスは、進行中の開発のためのニーズに基づく対策を規定する意味です。人材レビューの構成のプロセスは、強みと成長させる分野を特定することで、当社の人材のために個別の開発計画を確立することが可能となります。360°フィードバックのプロセスおよび年間パフォーマンス評価は、当社およびその社員が開発分野に反映し、開発目標や活動を定義することを促進します。
  • 仕事とプライベートの生活のバランス

    クラリアントは、子供を持つ社員が仕事のキャリアを追求する一方で、家族との時間を楽しむ機会も持てるようにすることが重要だと理解しています。 当社は、家族を大切にする労働ポリシーを積極的に支持しています。 例として、当社では、フルタイムかパートタイムかを問わずすべての正社員を対象に、会社全体でClariant Family Support Policyを導入しました。これは、社員が仕事とプライベートの適切なバランスを取れるより良いチャンスを見つけることを保障する、当社のコミットメントの一部です。

    このポリシーのもとでは、出産後1年以内に職場に復帰した母親は、同様のポジションが保証されます。 この保護ポリシーは、養子を迎えた後に休暇を取った母親にも拡大されます。

    職場へのスムーズな復帰をサポートするため、職場復帰に際して、母親には10日間の有給休暇が追加で付与されます。 追加の有給休暇は、現職のステータスで職場に戻った日から利用可能になり、出産日または養子を迎えた日から2年間目まで有効です。 10日間の追加の有給休暇は、子供の出産後または養子に迎えた日から2年間の期限で父親にも付与されます。 ファミリー・サポート・ポリシー(Family Support Policy)による権利は、現地のあらゆる福利厚生で適用される権利に追加で付与されます。

    家族の問題は、クラリアントにとって優先順位の高い重要な問題です。 職場への復帰後に付与される割り増しの休暇は、両親のどちらにも、仕事と家庭生活のバランスを取るうえで、さらなる柔軟性をもたらします。
  • 多様性に対するコミットメント

    当社は、90を超える国からの社員を擁する国際的なファミリーです。 マネージャーがより良いリーダーシップを身につけるために、当社では、国際的な経験の場を提供しています。 上級マネージャーは、成長するために、少なくとも異なった二つのリージョンで仕事をすることが求められます。

    当社では、資格や技能のみに基づいて、スタッフの採用や昇進を行っています。 候補者を特定の職種に任命するかどうかは、その職種に対する候補者の適正と、候補者個人の将来性がクラリアントの企業戦略や目標に沿っているかどうかにより決定されます。 さらに、当社の専門能力開発プログラムやイニシアティブは、仕事を始めたばかりの社員でも数年の職務経験がある社員でも関係なく、全社員のキャリアパスのすべての段階で最大限のサポートが受けられることを保証しています。また、当社の企業風土は男女を平等に支援しているので、社員はそれぞれの分野で成功を勝ち取ることができます。 

    同時に、多様性へのコミットメントはクラリアント行動規範への厳格な順守でもあります。 すべての社員は、規範に基づいた、会社の厳格な無差別ポリシーの概要のトレーニングを受けます。




  • 当社の目標はゼロ災害

    クラリアントの最も重要な目的のひとつは世界中の活動における安全と、人および環境の保護です。 この目的のために、当社ではグループ全体に適用される保護目標を設定しました。 全体の目標はゼロ災害です。
     
  • 当社の目標はゼロ災害

    クラリアントの最も重要な目的のひとつは世界中の活動における安全と、人および環境の保護です。この目的のために、当社ではグループ全体に適用される保護目標を設定しました。全体の目標はゼロ災害です。

    2006年に立ち上げて以来、グローバルなコーポレートイニシアティブであるAvoiding Accidents@Clariantは、ビジネスユニットと共に、職場事故を30%近く減少させました。2013年の損失時間事故率(LTAR)は0.26(20万時間につき少なくとも1日’分の仕事が失われた業務災害数の割合)であり、クラリアントは業界平均のはるか下にランクされています。

    0
  • 隣人との緊密な関係を促進する

    5大陸に亘って、世界100カ国以上、クラリアントはどこで事業を行うときでも、責任あるそして協力的な企業市民として行動することに大きな価値を置いています。 そのため、隣人との緊密な関係を促進するため、世界の様々なコミュニティイニシアティブや慈善活動に励み、支援をしています。

    ​さらなる詳細については​インターネットのサステナビリティレポートを参照してください。

    • Collaboration with WeForest

      The Brazilian Atlantic Forest is one of the most biodiverse forests in the world and provides a home for many native species. Only around 7% of the forest remains, scattered over a large area. Its restoration is vital to safeguarding biodiversity and mitigating climate change 追加情報

    • Cooperation with the Plastic Bank

      The Plastic Bank is a social enterprise and economic development firm that empowers disenfranchised communities to exchange any type of plastic waste for currency. 追加情報

    • Singapore’s senior citizens

      Clariant continues its efforts to build close community relations. In 2017, employees from Clariant’s Singapore office paid a visit to the Thong Kheng Seniors Activity Center, a center for the elderly located in the local neighborhood. This visit also served as the debut activity for the company’s Singapore Community Partnership Day, which is focused on developing long-term community relations. 追加情報

    • Unique Business Partnership

      Since 2002, Clariant has partnered with a social enterprise in Albuquerque, New Mexico that provides a win-win scenario for all. Southwest Creations is a social enterprise that offers dignified, living wage, year-round employment to more than 25 women from low-income communities. 追加情報

    • Clariant Supports Indonesia’s Educators

      In 2007, Clariant Indonesia established a scholarship program to support the local community in Tangerang, Indonesia. The collaboration has been further expanded in recent years to include funding of training workshops aimed at enabling local teachers to further improve their skills. 追加情報

    • Education and Employee Engagement Initiatives in India

      Thanks to Clariant’s support in 2014, ten needy local institutions and NGOs were able to improve their infrastructure with new furniture, roof sheeting and canteen and laboratory equipment donated by Clariant. 追加情報

    • Supporting Students in China

      Clariant in Greater China, for several years, has been giving a helping hand to local communities though its partnership with the Zhenjiang Xuefu Road Primary School. By donating computers, musical instruments and equipment to the school and helping to conduct various lessons and activities, Clariant aims to help these young students develop and explore their love of science. 追加情報

    • Volunteering in Switzerland

      Appreciation is at the heart of our culture. All over the globe, Clariant employees are donating their time to support the causes that are precious to them. 追加情報

    • Honoring outstanding scientific achievement

      Clariant is committed to sharing its expertise and fostering activities that drive scientific innovation for a more sustainable world. 追加情報

    • Supporting a Good Cause with Chemistry

      Children and youths who are in need of regular medical treatment or have to spend long periods in the hospital can easily lose touch with their class-mates. 追加情報

  • About the Clariant Foundation

    The Clariant Foundation is an independently-managed, purely philanthropic non-profit organization, established in October 2014. The Foundation is based in Switzerland and supports organizations and projects across the globe.

    Mission


    The Clariant Foundation carries out projects, and supports and funds ideas, organizations, and institutions with a specific focus on underprivileged children and teenagers. Its work supplements the many corporate citizenship and volunteering activities undertaken by Clariant Specialty Chemicals and its employees each year in the local communities in which the Group operates.

    Focus Areas of the Clariant Foundation:
    – Education
    – Culture and the arts
    – Science and research
    – Social commitment

    Organization

    The Clariant Foundation’s work is steered by a Board represented by Hariolf Kottmann (Chairman), Thomas Gauly (Vice Chairman), Alfred Münch, and Barbara Tischhauser Bandli.

    The Board meets at least three times a year and jointly makes decisions about the applications in accordance with the mission of the Foundation. Pressing cases are decided on an extraordinary basis.

    Finance and Governance

    Since 2014, the Clariant Foundation committed to numerous projects and organizations around the globe with funding. The contributions provided by the Clariant Foundation are funded by an initial private donation from Clariant’s then-CEO current Chairman of the Board of Directors Hariolf Kottmann and yearly contributions by Clariant International Ltd.

    Clariant Foundation is member of proFonds, the umbrella organization of charitable foundations in Switzerland managing organizations (including foundations and associations) as well as individuals.

    Clariant Foundation commits to best practice governance in line with the principles and recommendations of the Swiss Foundation Code. Our activities are supervised by the federal supervisor authority in Switzerland (Eidgenössische Stiftungsaufsicht). Administrative support is provided by TREUCO AG in Zurich, Switzerland.

    Information for Applicants


    Currently, only applications submitted in writing are accepted for consideration.
    Clariant Foundation
    c/o Dr. Christoph Degen
    Dufour Advokatur, Notariat
    Dufourstrasse 49
    CH-4052 Basel

    Application Requirements

    Please note that the submission of an application does not guarantee funding. Once an application has been submitted, applicants can expect a confirmation within due time. A valid application must include following aspects: Summary of the organization, contact information, specification and purpose of the project / program that needs funding, total costs for its realization, amount sought from the Foundation. The Clariant Foundation accepts only applications from recognized institutions and not from private individuals.

    Projects will be preselected by the Foundation’s managing office, following consideration with regards to their adherence with the Foundation’s scope. Applicants not in scope will be notified in writing.

    The final review and decisions are then taken by the Board (see ‘Organization’).


クラリアントへのリクエスト

お客様のリクエストを処理するため、ご連絡先情報を入力してください。関心をお寄せいただきありがとうございました。

Fabienne Knecht
Fabienne Knecht
Corporate Sustainability Communications
免責条項:
この情報は、当社の現在の知識に基づくものであり、製品および考えられる用途の概要として提供されています。クラリアントは、明示または黙示を問わず、情報の正確性、妥当性、充足性、欠陥が無いことを保証しません。この情報の使用に関して、当社は一切の責任を負いかねます。当該製品の使用者は全て、それぞれ特定の用途に関して、クラリアントの製品の適合性を各自で判断する責任があります。<br />
<br />
*この情報に含まれるいかなる内容も、書面による別段の同意がある場合を除き、それを支配する「クラリアント販売取引約款」のいかなる条項の適用除外にはなりません。既存の知的/産業財産権は遵守しなければなりません。当社の製品、また適用される国内および国際的な規制や法律において起こり得る変更のため、製品の状況が変更になる可能性があります。製品安全性データシートは安全上の注意事項を示しており、クラリアント製品の取扱いと保存に際して準拠しなければなりません。データシートは希望に応じて入手可能であり、適用法に従って提供されます。これらの製品のいずれかを取り扱う場合は、該当する製品の安全性データシートの情報を事前に入手し、確認してください。詳しい情報については、クラリアントまでお問い合わせください。<br />
<br />
*米国およびカナダ国内に所在する顧客への販売については、下記事項が追加で適用されます。明示または黙示を問わず、商品性、適切性、特定の目的に対する適合性あるいは、いかなる製品またはサービスも保証しません。<br />
<br />
クラリアントの商標は、多くの国で登録されています。<br />
® 2019 Clariant International Ltd 

まもなくクラリアントのドメインから移動します。

お客様が有効化したリンクにより、約10秒後にクラリアントのウェブサイト外に移動します。この操作を中止したい場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックしてください。