Clariant Image Sustainability Targets Banner HD 2021

Ambitious

Sustainability Targets

Striving towards sustainability leadership in everything we do

Clariant sets a strong focus on continuously steering its environmental performance towards increased sustainability and setting new environmental benchmarks though leading-edge operations and innovation. With our vision to become climate neutral by 2050, we have set ourselves ambitious targets that allow us to measure our success on the basis of clearly defined metrics and milestones.

Science-based climate targets

Our commitment to tackling emissions in every way we can.

In 2020, Clariant defined new climate targets in line with the Science Based Targets initiative (SBTi). These set out ambitious absolute reductions for scope 1, 2 and 3 greenhouse gas emissions between 2019 to 2030.

The Science Based Targets initiative is a coalition established to develop the framework to help companies and industry develop concrete greenhouse gas emission targets. Clariant was among the first specialty chemicals companies to set greenhouse gas emission reduction targets that are in line with what the latest climate science says is necessary to meet the goals of the Paris Agreement on climate change.

Clariant Image Science Based Targets Logo 2021 EN

- 40%

scope 1+2 absolute greenhouse gas emissions

- 14%

scope 3 absolute greenhouse gas emissions

 

Learn more about how we plan to achieve our climate targets and our overall climate strategy here.

Sustainable Operations Targets

Ensuring the responsible use of our planet’s most precious resources.

We need the environment and resources for our continued business success, but we know these resources are precious. To ensure we find the perfect balance, we set reduction targets for the key environmental parameters in our operations.

Our 2030 sustainable operations targets set out intensity reduction targets between 2019 to 2030 in the area of water intake (-20%), wastewater (-25%), hazardous waste (-25%), land-filled non-hazardous waste (-40%), and nitrogen oxide emissions (NOx) (-35%). They will be measured in terms of parameter volume or mass per unit of production. In addition, we set the goal to conclude the implementation of sustainable water management systems at all sites in areas of high water stress. Clariant's sustainable operations targets exclude data related to remediation.

- 20%

water intake

- 25%

waste water

100%

of sites in areas of high water stress with advanced water management

- 40%

landfilled non-hazardous waste

- 25%

hazardous waste

- 35%

nitrogen oxide (NOx) emissions

 

Together with our climate targets our sustainable operations targets ensure our processes, operations and products are designed to minimize environmental impact and safeguard our planet.

This is already Clariant’s third set of environmental targets. Learn more about earlier environmental targets and our environmental performance here or via our Annual Integrated Report and GRI Report.

  • Climate Change

    The science is clear, global temperature rise is a reality. According to reports from the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC), we have just a short amount of time before climate change becomes irreversible and changes our world forever. At Clariant, we take our responsibility for the planet seriously. We rely on the environment’s resources and are steadfast in our commitment to sustainable growth. 追加情報

  • プラネット

    私たちは、我々の活動すべてにおいて、環境保護と安全を考慮することを積極的にコミットします。 当社の世界各地の施設では、グループの環境安全衛生(ESH)部門により概略を示された、サステナビリティ及び安全コードの原則を厳守することが要求されています。& 当社は、資源の効率性、最終製品1トンあたりの排出及び廃棄物量に関する改善を測定するための明確な業績指標を使用しています。 環境パフォーマンスの絶え間のない改善のために、当社は2025年に向けた環境及びサステナビリティの目標を定めました。 追加情報

クラリアントへのリクエスト

お客様のリクエストを処理するため、ご連絡先情報を入力してください。関心をお寄せいただきありがとうございました。

Fabienne Knecht
Fabienne Knecht
Corporate Sustainability Affairs
免責条項:
この情報は、当社の現在の知識に基づくものであり、製品および考えられる用途の概要として提供されています。クラリアントは、明示または黙示を問わず、情報の正確性、妥当性、充足性、欠陥が無いことを保証しません。この情報の使用に関して、当社は一切の責任を負いかねます。当該製品の使用者は全て、それぞれ特定の用途に関して、クラリアントの製品の適合性を各自で判断する責任があります。<br />
<br />
*この情報に含まれるいかなる内容も、書面による別段の同意がある場合を除き、それを支配する「クラリアント販売取引約款」のいかなる条項の適用除外にはなりません。既存の知的/産業財産権は遵守しなければなりません。当社の製品、また適用される国内および国際的な規制や法律において起こり得る変更のため、製品の状況が変更になる可能性があります。製品安全性データシートは安全上の注意事項を示しており、クラリアント製品の取扱いと保存に際して準拠しなければなりません。データシートは希望に応じて入手可能であり、適用法に従って提供されます。これらの製品のいずれかを取り扱う場合は、該当する製品の安全性データシートの情報を事前に入手し、確認してください。詳しい情報については、クラリアントまでお問い合わせください。<br />
<br />
*米国およびカナダ国内に所在する顧客への販売については、下記事項が追加で適用されます。明示または黙示を問わず、商品性、適切性、特定の目的に対する適合性あるいは、いかなる製品またはサービスも保証しません。<br />
<br />
クラリアントの商標は、多くの国で登録されています。<br />
® 2019 Clariant International Ltd 

まもなくクラリアントのドメインから移動します。

お客様が有効化したリンクにより、約10秒後にクラリアントのウェブサイト外に移動します。この操作を中止したい場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックしてください。