Skip to main content

クラリアントの新ブランド「Envisioning Beauty」がお客様の製品開発をよりサスティナブルかつ効率的にそしてインスピレーション豊かなものに

 
  • お客様が求めるニーズ上位5項目に対応する5つの分野で構成された新ブランド
  • ナチュラルな製品開発をサポート:よりナチュラルで、優れた機能を持ち、人や環境に対する責任ある調達
  • 5月15日~17日に横浜にて開催される第9回化粧品産業技術展(CITE Japan 2019)ブースD21-1にて「Envisioning Beauty」を紹介

日東京, 2019年5月8日 – 集中戦略を持ち革新的なスペシャリティケミカル会社であるクラリアント社は、ナチュラル製品の処方を容易にするだけでなく、新たな視点をパーソナルケア業界にもたらします。新ブランド「Envisioning Beauty」は、お客様の化粧品開発を、よりサスティナブルかつ効率的に、そしてインスピレーション豊かにします。

CITE Japanにて紹介する「Envisioning Beauty」は、単に新しい切り口で弊社製品を紹介し、お客様が弊社のウェブサイトで目的の製品を探しやすくするだけのものではありません。お客様のイノベーションをサポートするため、クラリアントは、流行に敏感に左右されるこの業界で最も重要なニーズに対応するため、市場のトレンドとお客様にとっての価値を基準に、「Actives」、「Functional Claims」、「Sensorial Effects」、「Preservation」、「Naturals」の5つの優先分野を選定しました。なぜなら、新しい化粧品を開発しようとしているお客様がそれぞれ抱える課題に対し、目に見える価値を与えることが出来るソリューションをより簡単に見つけ出せるようにするためです。

「Clariant Naturals」は、持続可能性に優れた成分、健康志向のライフスタイルに対して高まり続ける消費者の関心に応えます。処方をされるお客様は他を検索しなくとも、低刺激性の界面活性剤からエモリエント、防腐剤に至るまで、ナチュラル製品に必要なあらゆる成分を知ることが出来るうえに、100%ナチュラルな製品開発でさえも可能にするアイデアを得られます。さらに、ひとくちにナチュラルと言っても、原料となる植物が特徴的なもの、ナチュラルかつ高機能な製品、現地コミュニティとの密接な協力による調達など、お客様の異なるニーズに合わせて「Origins」と「Green Performers」の2つに分類し、求める製品を簡単に検索できるようにしています。

「Naturals」のなかでも「Origins」は、世界でも生物の多様性と各地域に根ざした不思議なパワーを重視しています。クラリアントが世界で幅広く構築した各地域のパートナーとのネットワークを駆使し、独自の生物群系といにしえから伝わる植物に関する知識から生み出される自然の恵みを、トレーサビリティの高い調達、環境に対して責任ある収穫、その背景にある魅力的な物語とともに提供します。

一方、「Green Performers」はナチュラル成分が機能面で劣るという迷信を根底から覆す製品です。例えば、CITE Japanでお披露目する「Green Performers」のひとつ GlucoTainは、軽い泡からリッチな泡、軽やかな洗いあがりの感触からしっとりとケアされている感触まで、幅広い品揃えを持つ次世代のシュガー系界面活性剤です。この製品を利用し、サルフェートフリーやCAPBなどのベタインフリーの処方設計が可能となり、さまざまな用途向けの革新的な製品開発の可能性が広がります。

「Clariant Actives」では、最新の研究から、世界で初めて肌老化との相関関係を実証したアンチエイジングへの全く新しいアプローチとして、海藻由来の新製品「Epseama™」を紹介し、研究が盛んなアンチエイジングという領域に新しいイノベーションをもたらします。この新規有効成分は、長鎖ノンコーディングRNA 886の発現を活性化することにより、しわの兆候を抑え、肌の保湿効果を高め、しみを薄くする効果を発揮します。そして天然抽出物を使用していることから、アンチエイジング製品におけるナチュラル製品の需要の高まりにも対応しています[1]

クラリアント機能化学品ビジネスユニットのアジアパシフィック長であるフランソワ・ブレガー(Francois Bleger)は、このように語っています。「日本市場をはじめとするアジアでは、引き続きナチュラル製品がパーソナルケア分野におけるイノベーションとトレンドを牽引・形成しています。私たちは持続可能な成分を強化するため、全世界の自然に関する専門企業と各地域におけるパートナーシップを確立し、ナチュラル成分を主体とするイノベーションを加速することにより、お客様が期待されている生物群系の多様性を活かしたナチュラル成分というニーズに応えます。」

「Functional Claims」では、「Genadvance®」によって、ヘアケアに関する悩みに対処するソリューションを提供しています。この製品群は、綿密な研究と全く新しい化学的アプローチによって生まれ、世界のヘアケア市場に革新をもたらす可能性があります。髪の性質や状態はひとりひとり異なるため、たったひとつのソリューションですべてを解決することは出来ません。そのため、先進のヘアケア製品であるGenadvanceは、3つの異なる髪の問題に特化した3種類の製品、すなわちエイジングヘア用の「Life」、ダメージヘア用の「Repair」、ドライヘア用の「Hydra」で構成されています。

「Sensorial Effects」は、パーソナルケア製品で最も重要視される要素のひとつである「感触」に焦点を当てています。健康志向や自分自身のために投資する時間を大切にするトレンドにより、頭の先から爪先まで、全身をくまなくケアしたいという要望が高まっているからです。クラリアントでは、例えば「Aristoflex® Silk」の革新的なテクスチャを提供するなど、お客様がスキンケアにおける新感覚を体験するサポートをいたします。この多目的レオロジー改良剤は、さまざまな処方において、絹のような心地よい触り心地をもたらすとともに、優れた耐塩性などのユニークなメリットもあります。この製品は、有効成分配合の処方に理想的なポリマーです。

「Preservation」は、防腐剤の規制が進んでいることから注目されている分野です。化粧品を開発する場合、規制による様々な課題を解決しなければなりません。そのためクラリアントは、この防腐剤分野に資金を投じ、よりナチュラルで安全性の高い代替製品の導入を推進しています。植物由来の防腐剤ブースター「Velsan SC」などの新しいソリューションの提供によって、お客様は、求める防腐効果と変化する化粧品成分や処方のトレンドに対応する、効果的で多機能な防腐剤システムを容易に選択することができます。

クラリアント機能化学品ビジネスユニットグローバルマーケティング長ヴィンセント・ガス(Vincent Gass)は、このように語っています。「新たな「Envisioning Beauty」製品ブランドは、化学的な分類の代わりに、お客様に提供することが出来る価値に基づいて、クラリアントのパーソナルケア製品・サービスを検索することが可能な構成になっています。そのため、お客様が革新的でサスティナブルな新製品を開発する際に、より簡単でスピーディーに支援することができるのです。」

第9回化粧品産業技術展(CITE Japan 2019、2019年5月15~17日、パシフィコ横浜)ブースD21-1では、「Discover Envisioning Beauty」を中心に展示します。また5月16日16時15分~16時45分には、ルームFにてGenadvanceに関する専門セミナーセッションを開催します。このセッションでは、この新たな先進コンディショニング剤について詳しく説明します。

™ TRADEMARK 
® TRADEMARK OF CLARIANT REGISTERED IN MANY COUNTRIES. 

[1] Researchandmarkets.com「Anti-aging Market Report: Trends, Forecasts and Competitive Analysis to 2023」(https://www.prnewswire.com/news-releases/anti-aging-market-report-2018-with-forecasts-to-2023-300608930.html からアクセス)