Clariant continues the advance of propane dehydrogenation technology with new CATOFIN® 311 catalyst


Clariant's CATOFIN catalyst. 
(Photo: Clariant)
  • New propane dehydrogenation catalyst further enhances proven benefits of previous CATOFIN generations
  • CATOFIN 311 is designed to offer even higher selectivity and longevity
  • Typical customer plants could benefit from increased productivity of up to $20 million over the lifetime of the catalyst

Munich, June 13, 2019 – Clariant, a focused and innovative specialty chemical company, today announced the launch of its latest propane dehydrogenation catalyst, CATOFIN 311. The new catalyst continues the CATOFIN success with a solution that delivers even greater selectivity and a longer lifetime of service, resulting in increased overall profitability for propylene producers.

With over 60 years of continuously improved performance, CATOFIN dehydrogenation is a highly reliable and productive method for light paraffin dehydrogenation. The process operates at optimum reactor pressure and temperature to maximize conversion of propane to propylene, while reducing investment and operating costs.

As an ongoing commitment to advance catalyst technology, Clariant and its licensing partner McDermott’s Lummus Technology consistently improve the CATOFIN process with innovations such as Heat Generating Material (HGM) and new catalyst generations. Thanks to its extraordinarily high reliability and selectivity, CATOFIN delivers excellent production output annually compared to alternative technologies. Over the last two years, CATOFIN technology has been selected for 11 new PDH projects worldwide, resulting in a total of 7 million tons of annual propylene production capacity.

Now, CATOFIN 311 further enhances the proven benefits of previous generations through improvements in selectivity and longevity. For a typical 600 kta PDH unit, customers could benefit from increased productivity of up to $20 million over the lifetime of the CATOFIN 311 catalyst.

Stefan Heuser, Senior Vice President & General Manager Business Unit Catalysts at Clariant, commented, “With the successful development of CATOFIN 311, we have reached yet another milestone in our advanced propane dehydrogenation technology. It is through this relentless commitment to innovation that we continue to add value to our customers’ businesses."

CATOFIN® IS A TRADEMARK OF CLARIANT REGISTERED IN MANY COUNTRIES.

関連製品

クラリアントへのリクエスト

お客様のリクエストを処理するため、ご連絡先情報を入力してください。関心をお寄せいただきありがとうございました。

Stefanie Nehlsen
Stefanie Nehlsen
Global Trade Media Relations
+41 61 469 63 63
免責条項:
この情報は、当社の現在の知識に基づくものであり、製品および考えられる用途の概要として提供されています。クラリアントは、明示または黙示を問わず、情報の正確性、妥当性、充足性、欠陥が無いことを保証しません。この情報の使用に関して、当社は一切の責任を負いかねます。当該製品の使用者は全て、それぞれ特定の用途に関して、クラリアントの製品の適合性を各自で判断する責任があります。<br />
<br />
*この情報に含まれるいかなる内容も、書面による別段の同意がある場合を除き、それを支配する「クラリアント販売取引約款」のいかなる条項の適用除外にはなりません。既存の知的/産業財産権は遵守しなければなりません。当社の製品、また適用される国内および国際的な規制や法律において起こり得る変更のため、製品の状況が変更になる可能性があります。製品安全性データシートは安全上の注意事項を示しており、クラリアント製品の取扱いと保存に際して準拠しなければなりません。データシートは希望に応じて入手可能であり、適用法に従って提供されます。これらの製品のいずれかを取り扱う場合は、該当する製品の安全性データシートの情報を事前に入手し、確認してください。詳しい情報については、クラリアントまでお問い合わせください。<br />
<br />
*米国およびカナダ国内に所在する顧客への販売については、下記事項が追加で適用されます。明示または黙示を問わず、商品性、適切性、特定の目的に対する適合性あるいは、いかなる製品またはサービスも保証しません。<br />
<br />
クラリアントの商標は、多くの国で登録されています。<br />
® 2019 Clariant International Ltd 

まもなくクラリアントのドメインから移動します。

お客様が有効化したリンクにより、約10秒後にクラリアントのウェブサイト外に移動します。この操作を中止したい場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックしてください。