Clariant、マスターバッチ事業を約16億米ドルでPolyOneに売却完了


  • 売却により、よりスペシャリティ・ケミカルズに特化したクラリアントの地位を強化
  • 売却完了により、1株当たり3スイスフランの特別配当の条件をクリア
  • 売却金の残りは中核事業への投資とバランスシートの強化に

ムッテンツ2020年7月1日 - 集中戦略を持った持続可能で革新的なスペシャリティケミカル会社であるClariantは、本日、全マスターバッチ事業のPolyOneへの売却を完了しました。売却対価の合計は、クラリアントのグローバル・マスターバッチ事業とインドのマスターバッチ事業の分離取引で構成されており、約15億6,000万米ドルに達します。これは、過去12ヶ月間(2019年9月末時点)に報告されたEBITDAの約12.2倍に相当します。

クラリアントの取締役会長 兼 暫定最高経営責任者の(CEO)ハリオルフ・コットマンは、は、「クラリアントは、この取引の完了により、純粋なスペシャリティー・ケミカル・カンパニーに向けてさらに大きな一歩を踏み出しました。ケアケミカル、触媒、天然資源の3つの中核事業に注力することで、市場を上回る成長、より高い収益性、より強固なキャッシュ創出を実現します。マスターバッチおよびヘルスケア・パッケージング事業の売却に成功し、次の目標は顔料事業の売却を進めことだ」と述べました。

マスターバッチ事業の売却を完了したこと、および顔料事業の売却予定を踏まえ、クラリアントは現在、1株当たり3スイスフランの特別現金配当について、実行可能な限り速やかに手続きを進めます。クラリアントの取締役会は、特別配当の期日を2020年7月6日、基準日を7月7日、そして支払日を7月8日と定めました。すでに発表している通り、クラリアントが意図する非中核事業の売却で得られる残りの資金は、中核事業領域内での技術革新や応用技術への投資、バランスシートの強化に充当される予定です。

免責条項:
この情報は、当社の現在の知識に基づくものであり、製品および考えられる用途の概要として提供されています。クラリアントは、明示または黙示を問わず、情報の正確性、妥当性、充足性、欠陥が無いことを保証しません。この情報の使用に関して、当社は一切の責任を負いかねます。当該製品の使用者は全て、それぞれ特定の用途に関して、クラリアントの製品の適合性を各自で判断する責任があります。<br />
<br />
*この情報に含まれるいかなる内容も、書面による別段の同意がある場合を除き、それを支配する「クラリアント販売取引約款」のいかなる条項の適用除外にはなりません。既存の知的/産業財産権は遵守しなければなりません。当社の製品、また適用される国内および国際的な規制や法律において起こり得る変更のため、製品の状況が変更になる可能性があります。製品安全性データシートは安全上の注意事項を示しており、クラリアント製品の取扱いと保存に際して準拠しなければなりません。データシートは希望に応じて入手可能であり、適用法に従って提供されます。これらの製品のいずれかを取り扱う場合は、該当する製品の安全性データシートの情報を事前に入手し、確認してください。詳しい情報については、クラリアントまでお問い合わせください。<br />
<br />
*米国およびカナダ国内に所在する顧客への販売については、下記事項が追加で適用されます。明示または黙示を問わず、商品性、適切性、特定の目的に対する適合性あるいは、いかなる製品またはサービスも保証しません。<br />
<br />
クラリアントの商標は、多くの国で登録されています。<br />
® 2019 Clariant International Ltd 

まもなくクラリアントのドメインから移動します。

お客様が有効化したリンクにより、約10秒後にクラリアントのウェブサイト外に移動します。この操作を中止したい場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックしてください。

クラリアントへのリクエスト

お客様のリクエストを処理するため、ご連絡先情報を入力してください。関心をお寄せいただきありがとうございました。

Clariant Info
Clariant Info
Online Communications Team