Skip to main content

イノベーションエクセレンス

クラリアントイノベーションエクセレンスは、計画的に未来の製品を探索・開発します。 

クラリアントイノベーションエクセレンスは、持続的な利益の拡大を達成し、スペシャリティケミカル産業における革新的ソリューションのリーダーとして認められるために、イノベーション能力強化を目的とした重要な当社の取り組みです。 

このビジョンを実現するために、イノベーションエクセレンスは、イノベーションプロセスの設計図とツールを提供し、能力を増強、またイノベーション文化の育成を図ることで、知識をより迅速かつ高度なイノベーションに転換します。 

CLNX_Scope_w700

特に注力している点は、満たされていないニーズを計画的に見出し、それらを新製品とサービスに転換するためのプロセスとツールであり、これにより、お客様が抱える課題にこれまでになく効率的かつ効果的に対処できるようになります。 

また、組織においては、
  • 市場のニーズの分析に計画的な手法を用いることで、取り組むべきイノベーションでパイプラインが満たされ、
  • クラリアントの広範なイノベーションステージゲートプロセスによって、各プロジェクトが効率的に管理され、
  • イノベーションの専門家チームが専門的なサポートを提供することでイノベーションを効率的に管理します。
このイニシアティブは、新規の顧客ニーズや最新テクノロジーがもたらす機会を逃さないために、ビジネスユニットとクラリアントのグループテクノロジー&イノベーションが協力することにより生み出されました。このプロセスにより、早い時期に部門間横断チームの効果が発揮されます。イノベーションマスター・ブラックベルト(IMBB)という小規模な中核チームが、部門間で横断的な視点を確保するため、すべてのビジネスユニットとともにイノベーションプロジェクトをサポートしています。この体制により、中核技術に基づいて構成されたコンピタンスセンターの研究および開発機構が補完・活用され、ビジネスユニットの枠を越えて専門知識が提供されます。