Skip to main content

モルデナイトゼオライト(MOR)

L構造タイプの高機能ゼオライト素材

改訂日 :
2022年3月31日
モルデナイト(MOR) ゼオライトは、排ガス規制、工業用オフガス精製、VOC削減に幅広く利用されています。プロセス触媒として、これらのゼオライトは、燃料アップグレード、石油化学中間製品の製造、化学製品の処理、アルカンと芳香剤化合物の異性化など、さまざまな用途に適しています。

クラリアントのモルデナイト(MOR) 構造の標準粉末は以下のとおりです: NaCZM 16、CZM 20、CZM 40。

ベネフィット

  • 異性化反応向けの固体酸触媒として最初に商品化されたゼオライトの一部
  • 1次元孔配置と7つの開口部 Å
  • 形状選択性で、サイズと構造に基づいた分子の識別が可能
  • 高い汎用性を実現する目的別酸度 
  • ゲスト分子とゼオライト間のさまざまな電子的相互作用で広がった用途

文書

お問合せ先
安全性および規制の詳細、また製品安全性データシート(MSDS)については、当社までお問合せください。

ファイルをダウンロード

Login Required

Log in or register to ClariHub for our full set of ingredient documentation, formulations and more resources!

仕様

製品構成
SiO2/Al2O3
化学形態: NA、NH4、H
サイズ表面積: >400 m²/g
形状ゼオライト粉末

関連製品