触媒

高性能化技術を創造する

ReforMaxSTILLCloseUpHD7200001

触媒ビジネスユニットは、クラリアントの前身であるSüd-Chemie社の能力を土台に築かれた、長年にわたるイノベーションの歴史と触媒に関する専門知識を有する、世界有数の触媒のグローバルサプライヤーです。

当社の触媒は、お客様の事業における価値創造に大きく貢献し、限りある原料とエネルギーが工業用化学製品、プラスチック、燃料の製造に効率的に使用されることを確実にします。また、当社の製品は、天然ガス、石炭、バイオマスといった代替原料を、化学・エネルギー原料として利用できるようにし、工業プロセスや燃焼機関からの排出物質を削減して環境影響を最小限に抑える効果を発揮します。

当社では、研究開発と顧客サービスに最善を尽くし、原料不足、エネルギー効率、そして環境への責任ある配慮といったグローバルな課題に当社の製品が良く対応できるよう位置付けられていることを確実にします。

さあ、あなたの番です。ご連絡をお待ちしております!

ご質問がある場合は、どうぞお気軽に当社のエキスパートまでお問い合わせください。地域ごとの担当連絡先をご覧ください。お電話でご連絡いただくか、上部の連絡用テキストボックスを使用して、メールにてお気軽にお問合せください。お待ちしております。

ニュース

2022年1月11日
クラリアントのStyroMax® UL3触媒が中国 旭陽集団のスチレンモノマープラントで卓越した生産性を実証
2022年1月11日
クラリアントは本日、中国の化学企業旭陽集団(旭陽)が中国・唐山に新設したスチレンモノマープラントにおいて、クラリアントのStyroMax UL3触媒が、卓越した成果を挙げていることを明らかにしました。本プロジェクトは、クラリアント触媒(Clariant Catalysts、クラリアントの触媒ビジネスユニット)と中国のエンジニアリング会社 常州瑞華化工工程技術股份有限公司(瑞華技術)との協同プロジェクトであり、旭陽のプラントでは2020年10月に本触媒により順調に安定操業を開始して以来、生産性および収益性において優れた実績が報告されています。この新プラントは、瑞華の技術とクラリアントの触媒によって公称設計容量の120%を超える生産性を達成し、旭陽が手掛ける中国国内の化学プラントの中でも最高の生産性を発揮しています。 追加情報
2021年12月09日
クラリアント、富山テクニカルセンターの最新鋭化を図り、触媒製品の研究開発能力を強化
2021年12月09日
クラリアントの触媒ビジネスユニットは、現在、グローバルで研究開発能力の向上を進めており、その一環として同社では、このたび富山テクニカルセンター(富山県富山市)に対する投資を実施し、研究開発の迅速化と高効率化を目的とした研究施設の能力拡張に着手しました。クラリアントの富山テクニカルセンターは、同社のニッケル系水素化触媒およびスチレン系触媒の開発におけるグローバル・コンピテンス・センター(主要開発拠点)であるとともに、カスタム触媒、エミッションコントロール、Power-to-Xテクノロジーを用いた新しいアプリケーションの研究分野にも取り組んでいます。 追加情報
2021年12月07日
Clariant developing next-gen ammonia cracking catalysts to support the global hydrogen revolution
2021年12月07日
Clariant Catalysts’ role in the so-called “green hydrogen revolution” continues to grow. The company is now participating in Germany’s prestigious TransHyDE project AmmoRef, which is tasked to develop process technologies and catalysts for ammonia cracking to facilitate future hydrogen transport, also for large distances. With €14 million in funding from the German Federal Ministry of Education and Research (BMBF), AmmoRef is part of the overarching 135-million-euro TransHyDE project, which aims to revolutionize the nation’s hydrogen transport infrastructure in preparation for a sweeping energy transition. TransHyDE is one of three hydrogen flagship projects aiming to prepare Germany’s entry into a hydrogen economy. 追加情報
2021年11月30日
クラリアント、新たなアンモニア合成触媒「AmoMax® 10 Plus」がBASF社のアントワープ工場で採用
2021年11月30日
クラリアントは、同社の新しいアンモニア合成触媒「AmoMax 10 Plus」が、ベルギー・アントワープにあるBASF社のアンモニア工場に採用されたことを明らかにしました。クラリアント独自のActiSafE™テクノロジー(アンモニア合成触媒活性化時の水蒸気生成とアンモニア濃度を安全で効率良く正確に測定する技術)によって、触媒の還元処理が迅速かつ安全に達成されました。 追加情報

イベント

2月
 
3月
28
-
02
2022
Fort Worth 米国
Specialty & Custom Chemicals America​
2022年2月28日 - 2022年3月02日
We are very excited to be a part of Specialty & Custom Chemicals America​ that takes place from February 28 - March 02, 2022 in Fort Worth, Texas (USA). The 3 Day Networking Forum is featuring an Exhibition, Conference Presentations, and multiple Reception & Catering Events. The mission and vision of the Specialty & Custom Chemicals Show is to create a forum that ENHANCES and FOSTERS COMMERCIAL GROWTH for the chemical industry. It focuses on chemical products and technologies with applications across a diverse range of end-use markets.  追加情報
3月
16
-
18
2022
99423 Weimar Germany
55. Jahrestreffen Deutscher Katalytiker
2022年3月16日 - 2022年3月18日
The 55th edition of the "Jahrestreffen Deutscher Katalytiker" takes place in Weimar, Germany, from 16-18th March 2022!   追加情報
3月
23
-
25
2022
Frankfurt am Main Germany
33. Deutsche Zeolith-Tagung
2022年3月23日 - 2022年3月25日
Zeolites, micro- and mesoporous materials, and other framework compounds are extremely diverse materials that open up a wide range of applications in catalysis, the chemical and pharmaceutical industries, environmental engineering, and many other fields. At the same time, they place high demands on their characterization and synthesis. All these aspects are on the program of the 33rd German Zeolite Conference, organized by DECHEMA e.V.  追加情報