合成ガス触媒

合成ガスプロセスにおける生産性および収益性の向上

iStock_000016948096Large 2_S

クラリアントの合成ガス触媒は、アンモニアメタノール 水素、さらには燃料電池ガス処理、ガス液化(GTL)、石炭液化(CTL)およびバイオマス液化(BTL)プロセスにおける製造コスト効率とエネルギー効率の向上を図るため、世界各地で使用されています。

弊社は、合成ガス触媒および吸着剤の大手サプライヤーとして、アンモニアおよびメタノール合成、目的に応じた水素製造、原料精製、改質、シフト反応、メタン化などのための完全なソリューションポートフォリオを提供いたします。弊社の革新的な触媒は、上記合成ガスの各プロセスにおいて最適化され、製造事業所の生産性、効率性および収益性を高めます。

弊社の最新の合成ガス触媒に関するイノベーションの中には、圧力損失の非常に低い新世代型の改質触媒、間もなく実施されるREACH規制をすでにクリアしている六価クロムを含まない高温シフト(HTS)触媒、および低温でも非常に高い活性を示す新世代型のメタノール合成触媒などがあります。

クラリアントは、著名な技術パートナーKBRCasaleAir LiquideTechnipなど)と協力して、オーダーメイド型のターンキーソリューションを確実に提供いたします。また、プラントの設計、施工、稼働に向けた支援、改質装置の温度スキャン、フォローアップメンテナンスといった包括的なサービスを提供することで、お客様に最適な運転条件を確実にします。

プロセス範囲

プロセス範囲